激安で着物一式を揃えよう!中古着物屋を活用する方法

投稿者: すずき@かなでや運営 投稿日:

※この記事は特注ない限り女性用着物を対象に執筆しています。

なかなか購入する機会の少ない着物。多くの人はせいぜい、親族や友達の結婚式に着ていこうとか考えた時に買物リサーチを行うくらいだと思います。

しかし、そこで気付くのは「着物って揃えると意外と高い!」ということです。

慶弔用の服装としては、スーツのほうが断然安く調達もしやすいのが現実。着物は必要なアイテムが多いし、高いしで、なかなかハードルが高いというのが本音です。

 

ですが、「それでもスーツより着物を着たい!」というあなたに朗報があります。それは、中古着物屋をうまく使えば、新品より遥かにお安く一式を揃えられる、ということです。

この記事では、実際に中古着物屋を活用して着物一式を揃える方法と、新品を調達するのに比べてどれくらい安くなるのか、また中古着物選びのポイントについても解説していきます。

結婚式の衣装が欲しい方だけでなく、コスプレ衣装を探している方、パーティ衣装や撮影用衣装が欲しい方などなど、着物の購入をお考えの方皆さんに有用な情報かと思います。

 

中古着物を活用すると、これだけ節約

さて、まずは結婚式に使える着物を新品で揃えた時と、中古をうまく活用した時とでどれほど金額の差が出てくるかを検証してみます。

まず、新品の着物(訪問着)を購入する場合。物によって大きく値段が変わりますが、最も入手しやすく安価なポリエステル製の着物の場合、だいたい28,000円~40,000円程度のものがボリュームゾーンです(Googleショッピング調べ。楽天市場店舗が多い)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

H・L(アッシュエル)仕立上がり訪問着・単品 No,18
価格:29800円(税込、送料別) (2018/12/10時点)

未婚女性が着る振袖、既婚女性が着る留袖はもう少し価格帯が上がりますが、一般的に成人式用に販売される振袖なんかは、大手呉服屋で買うと20万円は下らないです。先日の記事で「着物は高級品」と述べた通りですね。

 

これが中古になると一気に相場が変わり、2万円もあればかなり多くの着物を選ぶことが可能になります。状態によりけりですが、訪問着も振袖も留袖も、バリエーションに富んだ中古着物を選ぶことが可能です。

裏地など多少の染みや汚れがある等、程度が下がると価格も一気に下がり、1万円以下で入手できるものも出てきます。

ちなみに僕は、状態が悪い男性用の着物を浅草の中古屋で1,000円で購入しました。激安!!

 

また、着物の帯や、草履、着物の下に着用する「襦袢(じゅばん)」についても、中古品を活用すれば良いものを安く入手することが可能です。

特に帯については、新品を購入すると着物より高くなるものも多いですが、中古を活用すれば5,000円程度できちんとした格式のものが手に入るのでオススメです。

その他小物類は、新品で着付けセットが手に入るので、それを活用すれば問題ありません。

ネットショップを使えば、若者・着物入門者向けの安いものは3万円以内で購入できますが、正絹のきちんとした着物でコーディネートしたい場合、全て新品では10万円の予算でもかなり選択肢が限られてしまいます。

しかし、着物と帯を中古にするだけで、半額以下で一式を揃えることも難しくなくなります。わざわざ数十万円も高いお金を出して、結婚式に振袖や留袖を着ていく必要なんて無いんですよ。実はね。

 

ちなみに、結婚式にも着ていける訪問着一式をレンタルする場合、一回で12,000円~20,000円程度の価格になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

訪問着 単衣加賀友禅フルセット【ea】
価格:12420円(税込、送料無料) (2018/12/10時点)

「着物は一度しか着ないよ」という方はレンタルがおすすめですが、結婚式に複数回出席する機会があったり、それ以外にも着る機会を考えている場合は、やはり中古着物を購入するのがコストパフォーマンスに優れていると言えます。

もちろん、中古着物なら自分好みの柄も選べますし、レンタル品より上質だったり格式の高いものが手に入ったりするため、これらのメリットも大きいですね。

 

中古着物はどこで買うべきか

新品より価格をグッと抑えられる中古着物ですが、ネットショップもしくは実店舗どちらでも購入することが可能です。

この記事でもリンクを貼っている通り、例えば楽天市場を覗けば色々な中古着物を吟味することができるので、まずはネットショップで探すのをおすすめします。安いですしね。

ただ、自宅の近くに中古着物を扱っている実店舗があれば、そこに行くと実際に着物の状態を確認できたり、着物の知識を教えてもらえたりするので、より良い選択肢であると言えます。

実店舗なら、全国展開しているたんす屋さんが一番馴染むかと思います。僕もそこで男性用着物を購入しましたが、押し売りされたりとかする心配は無いですね。少なくとも、着物屋なのでタンスを売りつけられることは無かったです。

また、購入とはちょっと違いますが、年配のお知り合いから使わなくなった留袖(既婚女性が着る着物)を頂く、なんてのもよく聞く話なので、そういったツテがあれば話をしてみるのも良いかもしれませんね。

 

中古着物選びのポイント

着物は実に多彩な柄があり、自分好みのものを頑張って探していく楽しみがある服です。服自体の種類や形は洋服の方がバリエーション豊富ですが、着物は色柄のバリエーションが非常に豊富です。

また、それは帯や襦袢、草履も同様。それぞれ様々な色柄があるので、これも洋服と同じように全身のコーディネートを吟味する楽しみもあるのです。

したがって、着物を選ぶ際には、あなた好みのコーディネートができる色柄を探すため、こだわりを持った商品選びをしていくことが重要になってきます。やっぱり自分の愛せる服を着たいですもんね。

 

また、中古の場合、着物は洋服以上に状態が左右されるため、なるべく汚れや生地の状態を詳しく確認することが望ましいです。

中古着物は年代モノが多いので、保存状態により大きく状態が変化します。その上、洋服より生地面積が広かったり、色柄が派手だったりする影響で、販売側も見落とすような汚れや虫食い、生地の劣化などを考慮する必要があるのです。

もちろん、状態の確認やコーディネートを考えることは新品一式を購入するよりも難易度が上がるため、最初は安価な新品セットを揃えたり、レンタルにしてみたり、という選択が良いかもしれません。

あるいは、たんす屋さん等の実店舗で、アドバイスを受けながら中古着物で一式を揃えていくかですね。

 

中古着物は閑散期の購入がおすすめ

ちなみに、中古着物を買う時のポイントの一つとして「成人式や卒業式、ジューンブライド前といった慶弔事シーズンを外す」というのも存在します。

どうしてもそれらのシーズンには着物の需要が増え、購入する人が多くなるので、中古市場も在庫が薄くなったり、新商品が入荷した際の値付けが高くなったりします。

逆に言えば、それらのシーズン以外は着物が欲しい人が限られているため、色んな種類の着物を吟味できたり、より安価に購入できたりする可能性が高くなるわけです。

 

さらに突っ込んだお話をすると、時期だけではなく「需要が少ない場所」を狙うのも、よりお得に良い着物をゲットするには覚えておきたいポイントです。

具体的に言うと、全国たくさんの人々が商品をチェックできるネットショップよりも、その地域の人々しか商品を見ることが難しい実店舗を選ぶこと。

さらに実店舗でも、年配の住民や外国人観光客が多く訪れる場所ではなく、さほどの需要が無さそうな店舗に行く方が、よりお値打ちな商品に出会える可能性が高くなります(もちろん、在庫数自体が減るので運がないと出会えませんが…)。

 

中古着物は、あなたと着物との出会いを加速させてくれる良いものです。

新品の着物ばかりを見て「安っぽいなぁ」とか「高すぎて無理!」となってしまうのはもったいないです。うまく中古着物を活用して、安くて良い着物を楽しんではいかがでしょうか?

カテゴリー: 工芸品

すずき@かなでや運営

すずきです。かなでやとKanadeCoinの運営やってます。合同会社むすびて代表。 熱い想いやこだわりを持った人、そういった人達が作った製品がすき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です